ITは遊び

毎日パソコンのことばかり考えてる

まず、自分の得た情報をどうやって保管、再利用、共有するか?

テーマ1:得た情報をどこに保管して、どうやって再利用して、どうやって共有したら、楽ちんか? その1

検索

ここで情報というのは、自分が調べたことなどだ。昔調べたことを、後になってもう一度検索するなんて無駄に思える行為を、本当にしょっちゅうやっている。この再検索作業を時間の無駄と見るか、保管にかかる時間より検索にかかる時間のほうが多いと見るか。

まず検索。検索対象は、書籍とネット。ほぼネット、さらにいうとほぼGoogleと言って過言ではない。僕は検索能力があまり高くないため、検索作業にかなりの時間を使ってしまう。検索作業には、以下の手順があるように思う。

  1. 検索に最適な単語を連想する
  2. 検索結果から適切な情報が在るかどうかを判断する

この二つの作業がどちらとも厄介で、どちらとも技術を必要とする。これについて深く考えるほど、僕は検索上手じゃないのが痛い。

保管

上記のように、苦労に苦労を重ねてやっとネットで情報を得ることができる。それを、いかにして保管するか。

  • ノートに書きためる

そして「ノートに書く」という技術も必要というのだからさぁ大変。ノートは、文房具のノートではなく、パソコンを使って良いのだから、

  • wiki
  • ブログ
  • txtファイル

など、色々ある。今の自分だと、自分専用のwikiを開設していて、そこに検索し有用だと判断したことを書き込むのに使っている。

再利用

文房具のノートやブログだと、通常、情報は時系列順に並ぶ。この時系列順というのは意外と便利で、いつ何をしたかというのは人間ぼんやりと覚えやすいようだ。だからといって、時系列順で完璧ではない。できれば、カテゴリ分けされているのが望ましい。そうすれば、目的の情報に早く到達できる。

目的の情報に到達するためには、元の情報に何かを付加しておくことが必要になる。

  • キーワード
  • カテゴリ

この二つは似ているが分けるべきだ。キーワードはあくまで検索用。自分ならこの情報を得たい時にこのキーワードで検索すると思えるものを選ぶと良い。

しかし、キーワードによる実績をまだ僕は得られていない。そのキーワードが思い出せなくて困っていることも多いし、カテゴリの方が今のところ便利だ。なんとかして、キーワードとカテゴリの中間、もしくは統合した新しいものを生み出してみたい。

共有

いかにアクセスしやすいかということ。今のところ、自宅サーバpukiwikiというのが便利すぎる。どこでもインターネットにさえ接続されていれば、アクセスできてしまう。さらに、編集もできてしまう。その信頼性を挙げる必要はあるけれど。

で、

自分の情報の扱いについては、この4つがテーマになるのかな。発展させてこれらの情報をインターネットの大海に流す事も視野に入れたいが、まずは自分が自分の情報をどのように扱うかがテーマだ。