ITは遊び

毎日パソコンのことばかり考えてる

WindowsをCUIで使う 1

WindowsでLinuxバリのCUI

Linuxで慣れてくると、操作によってはコマンドラインで行った方が効率的な事が結構ある。連続したコピー作業やリネームなどが、その最たるものだ。

Windowsにはもちろんコマンドプロンプトも存在するが、タブの働きがLinuxのシェルと異なるのが非常に気にくわなくて、使う気が起こらない。さらに、lsではなくdirだったり、cpじゃなくてcopyだったりする。諦めたくなってくる。

CYGWINじゃWindowsプログラムは動かない

まず、Windowsでコマンドプロンプト以外の使えるCUIシェルがないか探してみた。よく知られ完成度の高いものは、CYGWINだろう。しかし、CYGWINではWindowsプログラムを起動できない。となると、コマンドプロンプトに機能を追加する程度のシェル(?)が欲しくなる。

コマンドプロンプトに皮をかぶせるNYACUS

丁度良いものを見つけた。NYACUSというソフトは、コマンドプロンプトに皮をかぶせて、Linux風の操作環境を提供するソフトだ。これのエイリアスでdirをlsに変えたり、タブにLinux風の動作をさせられる。Linuxのコンソールと同じ感覚を、Windowsでも使う事ができる。

残りの問題

  • プログラムの登録をどうするか?(いちいちパスを通すのは面倒すぎる)
  • diff等Linux特有コマンドをどうやって導入するか?(CYGWINで良いのだけど)