読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITは遊び

毎日パソコンのことばかり考えてる

Pythonのデバッグ環境と、UnitTest環境

ちょっとしたことや、文字列操作なら、C#(mono)使わなくても、Pythonでさくっとできるんじゃね、とか言ってやってみた。

しかし改めて、Debug環境と、Unit Test環境を用意することにした。

MacPCにPythonのインストール

一応、やり直した。

brew install python

python2.7.5が入る。

ついでに、PythonMySQLドライバを入れる。Pythonのパッケージインデックス PyPI は、pipで使える。

pip install MySQL-python

Debug環境

Debugは、EclipseのPyDevを使う。

これで、PyDevプロジェクトの作成と、"Debug As->Python Run"、"Debug As->Python Unit Test" ができるようになる。

"Preference -> PyDev -> Interpriter - Python" にて、"Python Interpriter"に、"/usr/local/bin/python"を追加。

これで、Debugできるようになった。

Unit Test環境

Eclipseのメニューに"Debug As->Python Unit Test"を、Unit Testのpythonスクリプト上で実行してやると、"PyUnit"のウィンドウに表示されるようだ。

import MyModule
import unittest

class MyModuleTest:
	def setUp(self):
		pass
	def tearDown(self):
		pass

	def testMyModuletest(self):
		arg = "USDJPY,20130809,205100,101.29,101.29,101.29,101.29"
		ans = MyModule.myModuleMethod(text)
		self.assertIsNotNone(ans)

if __name__ == "__main__":
	unittest.main()

特別なクラスを作り、テストのメソッド名を"test.*"とする。別にEclipseを使わなくても、このPythonスクリプト自体を実行してやれば、Unit Testが実行できる。

だんだんと、Vimで直接実行して、Unit Testをちゃっちゃと動かすようになってしまい、結局Debug環境を使わなかった。