読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITは遊び

毎日パソコンのことばかり考えてる

Google Cloud Storage で静的ウェブサイトを公開する

Google Cloud Storage でウェブサイトを公開してみました。最終的には、以下を実現しました。

  • 独自ドメインにて、Google Cloud Storageにアップロードしたファイルを閲覧できるようにする
  • 最初は、Mac上のリソースをrsyncにてアップロードする
  • Debian上のJenkinsにて、リソースを自動アップロードできるようにする。この時Jenkinsには、Google Cloud Storageにアップロードする権限だけを付与するようにする。

Amazon S3よりもGoogle Cloud Storageの方が2割程度安くなります。

  • Google Cloud Storage : $0.026 /GB/month
  • Amazon S3 東京リージョン : $0.0330 /GB/month

公式ドキュメントは以下になります。

Hosting a Static Website - Cloud Storage — Google Cloud Platform

1. プロジェクトを作る

Google Cloud Platform では、このプラットフォーム全体で、Projectという単位でリソースを区切る必要があります。以下のリンクからぷとジェクトを作成します。

プロジェクト

2. 独自ドメインGoogleに認証させる

独自ドメインを利用できるようにするには、ウェブマスターセントラルにて所有していることを認証させる必要があります。

ウェブマスター セントラル

ドメインは、mydomain.comで取得し、サブドメインwww.mydomain.comを利用する場合であっても、domain.comで登録します。

お名前.comの場合は、確認方法で「GMO.jp」を選択すれば、ログイン画面が現れて認証できるようですが、うまく行きませんでした。私は表示されたTXTレコードを登録する方法で確認を実施しました。

3. バケットを公開するホスト名で作成し、公開の設定を追加する

以下のページから、作成したプロジェクトを選択し、バケットを作成します。この時バケットの名前は、公開するサブドメイン www.mydomain.com に設定します。

ストレージ ブラウザ - personal-storage

上記の画面から、作成したバケットに対して、右端のオプションボタンから「オブジェクトの規定の設定」を表示し、以下の設定を追加します。

  • エンティティ:ユーザ
  • 名前:allUsers
  • アクセス権:読み取り

この設定は、アップロードをする前に必要があります。

5. gcloudを使ってアップロードする

Macの場合は、homebrewを使って簡単にインストールできます。インストール後、初期設定を行ってgcloudコマンドが使えるようにします。表示されるままに記載のURLにアクセスし、キーを入力します。

brew install gcloud
gcloud init

アップロードするには、gcloudのrsyncを使います。

gsutil -m rsync -d -r <アップロードディレク取取り> gs://<バケット名>

この時点で、以下のURLにアクセスすると、確認できるようになります。

https://storage.googleapis.com/<バケット名>/

6. ドメインGoogle Cloud Platformを指すようにする

ドメインを取得したレジストラにて、DNSレコードを以下のようにします。

  • ホスト名: <公開ホスト名>
  • TYPE: CNAME
  • VALUE: c.storage.googleapis.com

これで、目的のドメインにて、静的ウェブサイトを公開できました。

7. Debian/UbuntuのJenkinsにて、自動アップロードを出来るようにする

自分はDebianサーバにてJenkinsを立てており、Gitリポジトリをポーリングさせ、Jenkinsから自動でGoogle Cloud Storageにアップロードされるようにします。

まず、Jenkins用のサービスアカウントを作成します。

権限

サービスアカウント名に「Jenkins」などと入れると、自動的サービスアカウントIDが作成されます。「新しい秘密鍵の提供」を選び、キーのタイプを「JSON」とすると、秘密鍵が書かれたJSONファイルがダウンロードできます。

サービスアカウントIDをコピーしておきます。

バケットの一覧の画面から、目的のバケットの「バケットの権限の編集」を選び、以下のように先ほど作ったサービスアカウントに編集権限をもたせます。

ストレージ ブラウザ

  • エンティティ: ユーザ
  • 名前: サービスアカウントID
  • アクセス権: 書き込み

Debian/Ubuntuに、Google Cloud SDKをインストールします。Debian/Ubuntuの場合には、リポジトリを追加すると、apt-getでインストールできます。無理してCentOSなどを使わずに、Debianを使いましょう。

Quickstart for Debian and Ubuntu - Cloud SDK — Google Cloud Platform

このJSONファイルをJenkinsサーバに移動し、Jenkinsにしかアクセス出来ないところへ配置します。そして、JenkinsユーザにてこのJSONキーの有効化をします。

sudo su jenkins
gcloud auth activate-service-account --key-file <鍵のjsonファイル>

これで、Jenkinsからもgsutil rsyncが使えるようになります。

困った点

  • AWS S3と異なり、https://storage.googleapis.com/<バケット名>/とプラットフォームの方でドメインを割り振ってくれないため、サイトによってはCNAMEを設定するまでサイトをきちんと確認できない。
  • 「オブジェクトの規定の設定」はアップロード時に付く権限らしく、アップロード後に設定しても、公開設定されない。なので、アップロード前に権限設定をする必要がある。
  • まだ東京リージョンがないので、ちょっと遅いかもしれない。

最後に

一時、github.ioでサイトを公開していましたが、なんとなくオープンソースでもないのに無料のサービスに間借りするなんてという気分になり、Google Cloud StorageのWebサイトへ移行しました。