ITは遊び

毎日パソコンのことばかり考えてる

auのiPhone6SをSIMフリー化して、テザリング可能なDMMモバイルを使う

f:id:j74th:20160406214219j:plain

auでiPhone6Sを発売日に購入。世の中は格安MVNOのSIMの世の中になったので、そちらに乗り換えたいと思った。auの端末は購入から半年たつと、SIMロック解除可能とのこと。

audocomoとは利用電波が異なるため、auのMVNOを使う必要があると思っていた。しかし、auのMVNOではiPhoneテザリングできない可能性があるとあり、踏み切れなかった。ところが、iPhoneauでもdocomoでも同じ機種を使っている事がわかった。そのため、SIMフリー化さえすれば、auiPhoneでもdocomoのMVNOが利用できるらしい。

実際やっている人が見つからなくて不安だったが、最近やっている人が現れた。

SIMロック解除したauのiPhone6sで、格安SIMのFREETELにMNPしたぞ! | むねさだブログ

そして、自分でもやってみることにした。

まず、auSIMロック解除は、以下のURLからできる。まずiPhoneSIMロック可能かどうかの判定を行い、その後SIMロック解除のリンクが現れる。

https://au-cs0.kddi.com/au-support/sui/SUI001W001/SUI0010001BL.do

必要な情報であるIMEIは、設定→一般→情報から、確認できる。長押しするとコピーもできるが、スペースが入ってしまい、貼付け時にはスペースを削除して、切れてしまった末尾の番号を入れる必要がある。

SIMロック解除を受け付けましたと表示されて、実際にいつ解除されたのかはわからなかった。とりあえず解除されたらしい。

いかのサイトにある電話番号に電話をかけてMNP予約番号を発番してもらう。スマホでは、電話するしか方法がないらしい。なお、この時に契約時の暗証番号が必要だった。

www.au.kddi.com

私は、北陸出身のため、DMM mobileにMNPで契約することにした。

mvno.dmm.com

MNP予約番号を入れて申し込むと、2日ほどでSIMが送られてきた。マイページから、「手続きを開始」ボタンを押すと、家にいながらauからDMM mobileへのMNPが行われる。

一度iPhoneの電源を切り、SIMを入れ替えて、再起動する。一度wifiにつなぎ、APN構成プロファイルをダウンロードしてインストールする。案内にはAPN設定を手入力する方法も書かれているが、私のiPhoneでは入力することができず、wifiに繋げてAPN構成プロファイルをダウンロードする必要があった。

iOS端末 | SIM挿入手順・APN設定 - DMM mobile

1時間ほどでdocomoのネットワークが表示されるようになるが、実際にネットに繋がるまでに3時間ほどかかった。SIMロック解除に失敗していたのかと、どぎどきしたが、開通が終わっていないだけだった。なお、DMM mobileは手続きの開始と完了時にちゃんとメールで連絡が来る。完了のお知らせが来るまでは、docomo表示は現れてもネットワークに繋がらないので注意。

金額を計算したところ、このままauで契約解除可能月までの残り17ヶ月分払い続けているよりも、MVNOの方が8万円も安くなることが分かった。時代は変わったものだ。