読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITは遊び

毎日パソコンのことばかり考えてる

DebianでSSL証明書を作り直す

Debian server

インストール時とドメインが変わってしまい、#aptitude install open-sslで作成されたSSL証明書とはドメインが合わなくなってしまった。そのため、apache用のSSL証明書の作り直しを行った。

SSL証明書を作成する

参考:http://www.server-world.info/query?os=Debian_6.0&p=ssl

参考サイト通りに行ったらできた。

ディレクトリ移動。

#mkdir ~/ssl/
#cd ~/ssl/

まず、パスフレーズとともに秘密鍵を作成する。その後すぐにパスフレーズを削除する。

#openssl genrsa -des3 -out server.key 1024
#openssl rsa -in server.key -out server.key

秘密鍵から証明書を作る。この時、証明書に載せる情報を追加する。

#openssl req -new -days 3650 -key server.key -out server.csr
Country Name (2 letter code) [AU]:JP
State or Province Name (full name) [Some-State]:Tokyo-to
Locality Name (eg, city) []:Chuo-ku
Organization Name (eg, company) [Internet Widgits Pty Ltd]:j74th.com
Organizational Unit Name (eg, section) []:
Common Name (eg, YOUR name) []:ssl.j74th.com
Email Address []:site@j74th.com

証明書を暗号化する。

#openssl x509 -in server.csr -out server.crt -req -signkey server.key -days 3650

apache2に設定する

#vi /etc/apache2/sites-available/default-ssl
SSLCertificateFile    /etc/apache2/server.crt
SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/server.key

apache2の再起動。

#service apache2 restart

とりあえず、https://ssl.j74th.comにアクセスして、証明書を確認すると、確かに記入した情報が記載されている。