読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITは遊び

毎日パソコンのことばかり考えてる

ChromebookC720を購入して、Linuxをインストール

f:id:j74th:20160529211634j:plain

Chromebook上でLinuxが動くと知り、Chromebook C720を購入した。 今の自分のMacBookProからは半分の重さの1.2kgになり、気軽に持ち運べるPCになった。 C720はSSDが交換できるため、128GBSSDに交換し、Galiumosをインストールした。

acer C720はヤフオクで落札したが、これが入手できない場合、acer CB3-131をamazon.comにて購入する予定だった。日本に発送しても2万ちょいで手に入る。

www.amazon.com

ChromebookはARMではなくIntelのCPUならばどれでもLinuxがインストールできるようである。そういえば、ChromebookAndroidアプリが動くと発表があったが、きっとARMでしか使い物にならないだろう。

Galiumosのインストール

chrxという簡単にLinuxをインストールできるツールがあるので、これを利用する。

GitHub - reynhout/chrx: Chromebook Unix

Linuxをインストールするまでにやった手順は以下の通り。というか、chrxに書いてあるとおり。

  • ChromeWebStoreからChromebook Recovery Utilityをインストール。SDカードにリカバリディスクを作成する。作成後、SDカードは抜いておく。

chrome.google.com

  • ESC+F3+Powerで起動する。OSが見つからないよと出るが、Ctrl-Dを押す。するとOS VerificationをOFFにするリカバリが始まる。この時にSDカードが必要かも。
  • 次に起動した時、起動前画面にて危ないモードだよとでるが、Ctrl-Dを押す。これでDeveloperModeになる。
  • Ctrl+左上の「→」キーを押すと、コンソールが開く。ユーザ名:chronos でログインできる。
  • chrxに記載のあるとおり、以下のコマンドでインストールする。1回目はインストールの準備のみで、再起動後2回目に同じコマンドを入れるとインストールできる。なお、sudoは不要だった。
curl -Os https://chrx.org/go && sh go -z Asia/Tokyo

これでしばらくすると、再起動して、起動前画面にてCtrl+Lをタイプすると、Galliumosが立ち上がる。他にもLubuntuなども選択できるが、GalliumosはChromebook用に作られたUbuntuベースのディストロで、タッチパッドをいい感じにしてくれるツールやChromebook用のKeymapなどが自動でインストールされて快適さが違うので、Galliumosを使うようにしている。ただしUbuntu15.04ベース。

(2016/06/04追記) 2.0betaは16.04ベースで、sh go -r nightlyとするとインストールできる。特に不具合はないのでこちらを使っている。

Galiumosの設定でやったことを記載する。

日本語IMEをインストールする

Synaptic Package Manager->ibus-mozcをインストール

Language Support->Install/RemoveLanguage->Japaneseを選択

Language Support->Keyboard Input Method System->Ibusを選択

Keyboard Input Methods->Input Methodタブ->Japanese-MozcをAdd

キーボードのキーをF1-F10として動作させる

Galiumosデフォルトでは、それぞれ音量キーや液晶の明るさなど目的通りのキーになる。しかし、F1-F10キーとして使いたいので、設定を変える。

Keyboard->Layoutタブ->Use system defaultsにチェック

検索ボタンをCtrlとして使う

Galiumosでは検索ボタンはmetaキー(Winキー)として動作する。これを、xmodmapで左下のCtrlキーと入れ替えを行う。

~/.xmodmapに以下を記載する(C720の場合)。あと、このファイルには実行権限をつけておく必要がある。

remove mod4 = Super_L
remove control = Control_L
keycode 133 = Control_L
keycode 37 = Super_L
add control = Control_L
add mod4 = Super_L

参考:

bearmini.hatenablog.com

さらに右AltでIMEのオンオフを切り替える

僕は最近英語キーボードを使っていて、IMEのオンオフを右Altで行うようにしている。Macの場合は、Karabinarを使う。Windowsの場合は、ChangeKeyを使って右AltにF13キーを割り当て、IMEのオンオフをF13キーで行えるように設定することで実現している。

Linuxの場合は、~/.xmodmapを書き換えて、右AltをF13キーとして認識させる。

keycode 108 = F13

さらに、MozcのPreferenceのKeymapのcustomizeにて、以下の設定を追加。

Mode Key Command
DirectInput F13 Activate IME
Precomposition F13 Deactivate IME

終わりに

Linuxノートを使っていると、MacがなくてもLinuxがあれば結構平気なことに気づく。